アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーでR-1増やしてみた。「飲むヨーグルトの作り方」

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー

最近胃腸の調子を崩しており、ついついポチってしまったこの商品。

SFチックな見た目から、どことなく漂うスターウォーズのR2-D2感。

そして名前から感じるR-1との相性の良さ。…考えすぎか。

今回、インフルエンザも胃腸の不良も対策すべく、R-1を増やして飲んでみようとアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを買ってみました。

何度か作ってみて一番手っ取り早い方法を紹介しますので是非お付き合いください。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーでR-1の飲むヨーグルトを増やす方法

用意するもの

以下の通りです。

  1. 成分無調整でない牛乳
  2. R-1(飲むヨーグルトでなくてもOK)
  3. ヨーグルトメーカー
  4. 愛情

です。

それでは、まず一番重要な愛情についてじっくりとご説明…

牛乳に関しては、生乳成分無調整牛乳であれば何でも構いません。

ただ、美味しすぎるとR-1入れるために少しだけ飲むときに全部飲み干してしまいかねませんので注意が必要です。( ;∀;)

飲むヨーグルトの作り方

  1. 牛乳を少しだけ飲む(コップは使おうな)
  2. 牛乳にR-1をいれよくかき混ぜる(指はやめとけ)
  3. 飲むヨーグルト専用のメニューで8時間(今日の朝食は8時間後だ!)
  4. 出来たらすぐに冷蔵庫へ(発酵が進みすぎるので)
  5. 好みで砂糖を入れてください(20~40gの間で調整するといいかも)

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーにはありがたいことに、飲むヨーグルト専用のメニューがあります。

恐らく飲むヨーグルトにする方が低温で温める必要があるようです。

よく作る前に牛乳を常温にしておいてくださいだとか、レンチン何秒してくださいだの言われますが、飲むヨーグルトに関しては冷たいままで問題ありません。

常温に戻してからすると、あったまりすぎて普通のヨーグルトに近いくらい硬くなってしまうとの意見もあります。

なんで冷蔵庫から出してR-1入れて、そのままINで問題ありません。

R-1作りのコツ

R-1に限らずですが、まずはR-1をしっかり混ぜるというのが一番のポイントだと思います。

全体に混ざっていないと全体が発酵してくれません。

その点R-1のドリンクタイプの方が混ぜやすいのでお勧めです。

ちなみに、R-1のドリンクタイプで普通のヨーグルトをつくることもできますし、通常のR-1ヨーグルトから飲むヨーグルトをつくることもできます。

一度作ったR-1を種菌にすることも可能ではあるようですが、うすくなってしまう事もあるようです。ここら辺は実際にやってみて確かめたいと思います。

どれくらい節約になる?

材料費300円(牛乳+R-1)で1000mlできると考えると、112mlで130円のR-1ドリンクを買い続けるよりも四分の一の値段で作れます。

本体の値段(3500円くらい)の元を取るには、

ヨーグルトメーカー→1000mlを300円。
4000mlで1200円+本体3500円=4700円

普通に買う→112mlを130円。
4000ml買うには36本=4680円

なので大体4回以上作れば元取れますよってことです。
、、、、。

さあ、、、。

ポチろうか。

大変失礼しました。汗

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です