【注意‼】WordPressに引っ越ししました、改正が間に合っていない記事があります。

「豆選びから淹れ方まで」酸味、甘み、苦みのバランスが良い飲みやすいコーヒーを淹れる方法

誰でも飲みやすいコーヒーを淹れたい人は多いでしょう。

まずはバランス重視の味を試してみて、それから自分の好みの味を探すのも良いですし、来客時に親しみやすい味のコーヒーを出したいという人もおられると思います。

深い知識はさておき、手っ取り早くどんな豆を使ってどんな淹れ方をすればいいのか知りたいという人にこの記事は役立つはずです。

 

ではさっそく、、、。

味のバランスが良いコーヒー豆

コーヒーの味は焙煎方法や挽き方でかなり変わりますが、バランス重視のコーヒーを淹れる場合は豆が非常に重要です。

 

有難いことに、酸味や苦味、甘みのバランスが整ったコーヒー豆はとてもメジャーなものが多いため、コーヒショップはもちろん、スーパーなどにも置いてあります。

まずは、これを買っておけばまず間違いのない王道2種類を紹介します。

ブラジル

ブラジルは日本にとって最大のコーヒー輸入国です。

それ程流通量も多く日本人に好まれている味とも言えます。

 

酸味とコク、程よい苦味があり、味のバランスが良い豆ですから、誰でも飲みやすいコーヒーを淹れたい人にはお勧めです。

ブレンド豆に使われやすいのも実はこれが理由だったりします。

ブルーマウンテン

f:id:oyomiyo:20190219230421j:plain

バランス型の代表格と聞いて真っ先に思い浮かぶのはブルーマウンテンでしょう。

恐らく最も、苦味、酸味、甘味のバランスが良く飲みやすい豆だと思われます。

上品で口当たりが良いため日本人向きです。

焙煎度合い

次は焙煎です。要は豆をどれだけ煎るかということです。

 

コーヒーショップなどではその場で煎ってくれるところもあると思いますし、あらかじめそれぞれの豆に合った焙煎度合いであらかじめ煎ってくれている所もあるでしょう。

いずれにしても、商品パッケージのどこかに表示されるはずですので確認してください。

 

バランス型の豆の場合は、ほとんどの場合中煎りくらいに設定されているはずです。

豆選びで紹介した、ブラジルとブルーマウンテンも中煎りくらいが丁度いいとされています。

ハイロースト、シティーローストという表記になっていることもありますが、意味は同じで中煎りです。

 

そのため、あなたの友達がアメリカンアクセントで「シティーローストで」と言ってショップのお姉さんが困り顔になった時は、

豆選びよりもトモダチ選びを間違えている可能性が…

「中煎りで」と訂正してあげてください。

 

ちなみに、それより浅煎りだと酸味が強くなり、深煎りだと苦味が強くなります。

挽き具合

次は、どれだけ細かく豆を砕くかの話です。

コーヒーの濃さに影響するところが大きいですし、淹れ方によってそれぞれに合った挽き具合があるので何とも言えないところですが、

苦味や酸味のバランスを取りたいなら中挽きがお勧めです。

マキネッタやエスプレッソマシンで作るのであれば細引きでもいいですが、ほとんどの人はハンドドリップ(上から注ぐやつ)で淹れることになると思うので、その場合は中挽きがおすすめです。

 

コーヒーショップなどではお願いすればその場で挽いてくれますが、家にミルがあればその場で挽けるのでなお良いでしょう。

挽いた後の豆はすぐに酸化が始まり風味が落ちていくので、淹れる時に挽くのが一番です。

 

私はカリタの安いミルを使っています。

名前はカリタですがちゃんと買って使ってます。

数千円で電動ミルが手に入るようになるとは嬉しい時代です。

Kalita 電動コーヒーミル CM-50 (ブラック)

淹れ方

ハンドドリップ

ハンドドリップの時のお湯の温度や注ぐ速さで味に影響が出るのですが、バランス重視で味を出したい場合は、

90度前後のお湯で普通に淹れてください。

 

「普通ってなんやねん」と思われるかもしれないですが、要は急がずゆっくり過ぎず、普通のペースでお湯を注げばいいだけです。

 

ドリッパーの種類によって様々なのでうまく説明できませんが、手早くやりすぎると酸味が強くなり、遅すぎると苦味が強くなります。

また、お湯の温度が90度を下回ると酸味が強くなり、上回ると苦味が強く出ます。

 

注ぎ方と温度ひとつで味に変化が出るハンドドリップは、ある意味上級者向けなのかもしれませんね、、、、。

フレンチプレス

挽いた粉にお湯を注ぎ、最後に豆を濾す方法です。

初心者でも豆そのものの味を引き出すことができ、誰が淹れても味が変わらないので失敗が少ないです。

 

また、バランス重視の豆は先程説明した通り中挽きで挽くことが多いため、フレンチプレスはお勧めです。(細かすぎると粉っぽくなるため)

 特に、コーヒー豆の成分がダイレクトに抽出され、香りも楽しめるという利点があります。

 

有名どころでいうとボダムやハリオなどがあります。デザイン性に優れたものが多いのが印象です。

【正規品】 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 10683-01J

それ以外

それ以外の方法でも全然大丈夫です。

中挽きの豆の抽出方法に合った二種類を紹介しましたが、例えば、マキネッタやエスプレッソマシンで抽出しても、味自体が濃くなるだけで味のバランスはさほど変わりません。

コクや濃厚さを目立たせたい場合は、これらの方法が有利ではありますが、コーヒーの味自体に関してはバランス重視であることに変わりはないため、個人の好みで決めると良いでしょう。

最後に

酸味と甘み、苦みのバランスが良いコーヒーを淹れる方法が分かったでしょうか?

ポイントは、

豆はブラジルかブルーマウンテンを中煎り、中挽きで、抽出は挽き方に合った方法でする。

でした。

どちらかと言えば、淹れ方よりも豆選びや煎り方で決まるので、そちらの方を重点的に考えるとよさそうです。

ではまた。