【注意‼】WordPressに引っ越ししました、改正が間に合っていない記事があります。

安いミルでも雑味の少ないコーヒーを淹れられる!知る人ぞ知る裏ワザを理由も含めて紹介します

最近は電動ミルもネットで安く手に入るようになりましたし、コーヒー好きなら最低でも一台は持っているのではないでしょうか?

だた、安いなりには砕いた豆が均一ではなく、淹れてみるとザラザラ感や雑味を感じてしまう人は多いかもしれません。

特に細挽きをやろうと長時間回すと、パウダー状のものから若干大きい粒が出てきてしまい残念な結果になってしまう事もあります。

一方で均一に豆を挽けるミルはめちゃくちゃ高いですし、コーヒー好きでさえなかなか手が出せないかもしれません。汗

 

でも安心してください。

実は家庭にある「あるもの」を使うだけで、安いミルでも美味しいコーヒーを淹れる方法がありますので紹介します。

安いミルでも雑味の少ないコーヒを淹れる方法

もったいぶるのも何なので、初めに方法を紹介しておこうと思います。

使うのは普通のミルと茶漉しです。

普段通り挽いて構いません。

そこからがポイントで、

挽き終わったものを一度茶濾しでふるいにかけて細かい粉を飛ばしてください。

原理は後から説明しますが、これをするかしないかでコーヒーの雑味がかなり変わってきます。

茶漉しで濾せるのは、極細挽きよりもさらに細かいパウダー状の粉ですから量が減るなどの心配はしなくても大丈夫です。

雑味が減るのはなぜ?

舌触りが減る理由

パウダー状の粉を取り除くことで、舌に残るザラザラ感などが減るということは容易に想像できると思います。

ハンドドリップの場合は目の細かいフィルターでしっかりと濾しますからあまり気にならないかもしれませんが、フレンチプレスやマキネッタ、一部のエスプレッソマシンなどではこの「悪い舌ざわり感」が残ってしまう場合があります。

そのためこのひと手間が舌ざわりを大きく左右するといっても過言ではありません。

雑味が減る理由

なぜ細かい粉が残っていると雑味の原因になるのかというお話です。

 

当たり前ではありますが、そもそも抽出する前にコーヒーを挽くのはコーヒー豆の成分を水に溶けやすくしてあげるための作業です。

そして挽き方によって、どの成分が溶けやすくなるかは変わります。

 

これを前提に少し深い話をすると、、、コーヒー豆も植物ですから細胞があります。

もちろん乾燥や焙煎を経ているのでこれらの細胞は死んでいますが、細胞の中にはコーヒーのうまみを左右する成分がたくさん詰まっています。

そのため、豆を細かく挽けば挽くほど細胞同士が細かく砕け、成分が出ていきやすくなります。

エスプレッソなどの濃厚な味を出したい時に細挽きにするのはそのような理由です。

 

しかし、細かすぎる粒が残っていると、そこからも成分が流れ出ていってしまうため、それらが本来の味に干渉して、渋みや雑味を引き出してしまうとされています。

細胞内の風味や色、香りなどを左右する成分のみを抽出するには、このような雑味の原因になる粉状の粒を除去してあげる必要があります。

そのための作業が茶漉しのやつだったというワケです。

まあ、渋み成分も含めて豆の味だと言われればそこまでなんですけどね、、、。

最後に

どうだったでしょうか?

高いミルに抵抗するには、恐らくミルと茶漉しのコンビが最強でしょう。(笑)

茶漉しで一度ふるいにかけるだけでかなり味の感じられ方に変化が出るので一度試してみて下さい。

中には、今のミルで満足できずに高いミルを買おうかと考えていた人もいるかもしれません、、、しかし。

ふるいにかけるべきは安物のミルではなく、コーヒーの粉の方だったのかもしれません。

(オチが安物。汗)

ではまた。