【注意‼】WordPressに引っ越ししました、改正が間に合っていない記事があります。

マキネッタは元祖エスプレッソ!?よくある誤解をスッキリ解決します「モカコーヒーって結局なに?」

人気は出てきたものの、いまいち性格がはっきりしない「マキネッタ」。

直火式エスプレッソと言われているにも関わらず、エスプレッソではないとか。

モカコーヒーと言われながらも「あのモカじゃないからね?」と念を押され、「どのモカの話してんねん」と発狂寸前になりながら調べたりした方もおられるかもしれません。

この記事では、マキネッタとエスプレッソの違いや、よくある誤解についてしっかりと答えをだしていきたいと、、、、。

いや、、、、

答えをダチネッタしていきたいと思います。

(↑唯一のモチネッタ)

 

冒頭からアバれましたが記事の内容はまじめです。汗

最後までお付き合いください。(笑)

マキネッタとエスプレッソ

マキネッタで抽出したものは、基本的にはエスプレッソではなく「モカコーヒー(後述)」です。

マキネッタ自体が「直火式エスプレッソ」と呼ばれるのでそう感じた人もいるかもしれませんが、ここは区別が必要です。

 

恐らくマキネッタは、加圧濾過(圧力を加えて成分を抽出する方法)の原理を使用しているためそのように呼ばれているだけで、実際のエスプレッソと比べると抽出の際の圧力がケタ違いで低いです。

そのためエスプレッソと比べると、味の点で少し見劣りしてしまう部分があるのは確かです。(まあこれが良かったりもするんですが、、、)

 

しかしながら、かなり昔のエスプレッソマシンは圧力も弱く、現在のマキネッタほどしかなかったことから考えると、マキネッタの味は「元祖エスプレッソの味」と考えても問題はないでしょう。

モカコーヒーとは?

マキネッタで淹れるモカコーヒー

マキネッタで淹れたコーヒーのことを「モカコーヒー」と呼ぶことがあります。

コーヒーの呼び名には「モカ」様々あるのでこれがヒジョーにややこしく、厄介です。

実は、マキネッタの超有名ブランドのビアレッティ社が、マキネッタの製品名を「モカ・エキスプレス」として売り出し普及したため、

マキネッタで淹れたコーヒー = モカコーヒー

という方程式が出来上がったしまったようです。

コーヒーの銘柄としてのモカ

一般的にモカコーヒーと言われて連想するのは、コーヒ豆の種類としての「モカ」です。

特に、エチオピアやイエメン産の豆をモカと言い、それから作られるコーヒーを「モカコーヒー」といいます。

コーヒールンバでお馴染みの「モカ・マタリ(イエメン)」や「モカ・イルガチェフェ(エチオピア)」などが有名どころです。

香り高くて、フルーティーな酸味のある豆と表現されます。

喫茶店などで「モカコーヒー」との表記があれば間違いなくこれらのことです。

カフェモカ等のモカ

カフェモカとかの「モカ」は違います。

皆さんも想像が付くと思いますが、カフェモカと聞いて思い浮かぶのはチョコレートソースがクリームの上に載ったあの飲み物です。

いうまでもなくカフェモカは「コーヒーにチョコレート風味を足したものの呼び名」ですから、豆の産地とは関係ありません

「モカコーヒー」が元祖のモカであることには変わりがありませんが、それと同じように香りを重視した飲み物という意味で「モカ」という用語が浸透したと思われます。

 

モカはモカでも様々なモカがあるというのは、、、

モカ不思議です。

、、、、、、。

まとめ

マキネッタはエスプレッソではないが、元祖エスプレッソに近いものがある。

マキネッタで淹れたコーヒーのことを「モカコーヒー」というが、「モカ」は様々な使い方があるため、

 

マキネッタでイレネッタなのか、

チョコレート風味をタシネッタなのか、

豆の銘柄を表す元祖モカのモトネッタなのか

 

を確認すべし、、、、、。

ということでした。

 

結局ふざけるんかい。

ではまた。