【使ってみた】無印良品のアルカリ電解水クリーナーってどう?使い方は?

みなさんはキッチンまわりのお掃除はどうしていますか?
油汚れを落としたいけれども、食品を扱う場所だから強い洗剤を使って掃除するのもためらわれるし、だからと言って水拭きだけでは落ちない油汚れ。

そこで見つけたのがこちらの商品、無印良品の「アルカリ電解水クリーナー」です。そう、無印良品は洗剤も作っているのです。使い方や実際に使用した使用感をレビューしたいと思います。

アルカリ電解水とは

アルカリ電解水は、水に電気を通すと酸性とアルカリ性に分かれる性質を使って、アルカリ性の液体のみを取り出したものです。なので100%水由来の洗浄液です。

どんな汚れに強い?

アルカリ電解水はアルカリ性なので、油汚れや皮脂汚れなどの酸性の汚れを落とすのに適しています。アルカリ性の物質と酸性の物質が混ざり合うと、お互いの性質を打ち消しあおうという中和反応が起きて、汚れが落ちるという仕組みです。

アルカリ電解水をおすすめする理由

2度拭きが不要

アルカリ電解水は100%水由来の洗浄液なので、洗剤などによく入っている界面活性剤を使用していません。そのため、乾いたふきんなどでふき取るだけでOK。洗い流す必要はありません。

お掃除アイテムでよく目にする重曹水やセスキ水は、粉を溶かした洗浄液なので、2度拭きしないと白い粉が残ってしまいますが、一方、アルカリ電解水はそもそも水なので2度拭きの必要がありません。手軽に、汚れが気になった部分にスプレーするだけでお掃除ができる優れものです。こまめな掃除に必携のアイテムです。

安全性が高い

アルカリ電解水はそもそも100%水からできているので、食品を扱うキッチンや、小さなお子さんやペットがいるご家庭でも安心して使用できます。

無印良品の「アルカリ電解水クリーナー」の使い方

キッチンのコンロや調理台の掃除に使用してみました。
スプレーしてみると、無色透明の無臭の液体です。

コンロまわりにアルカリ電解水をスプレーしてからクッキングペーパーやふきんで拭き取るだけで、油汚れがすっきり落ちます。油汚れに直接スプレーして少し待ってから拭き取ると、油汚れとアルカリ電解水が良くなじんで良く落ちます。ポイントはスプレーしてから少し放置することです。力を入れてこすらなくてもキレイに落ちます。

キッチンの調理台の油汚れには、アルカリ電解水と一緒にお掃除必須アイテムである「メラミンスポンジ」を使うのもおすすめです。アルカリ電解水をスプレーしてからメラミンスポンジでこするとキレイになります。

無印良品の「アルカリ電解水クリーナー」の使用感

実際に使用した感想は、コンロまわりの油汚れなどの普通程度の汚れはきれいに落ちましたが、オーブンレンジの庫内などの古くこびりついた汚れはなかなか簡単に取ることができませんでした。アルカリ電解水の洗浄力を計るpH値については無印良品の公式ホームページに記載はありませんが、普通程度の汚れに適していると思いました。

使用上の注意について

肌に直接付けると肌荒れします

アルカリ電解水は100%水由来ですが、性質はアルカリ性なので、直接肌に触れると肌荒れします。筆者も水だからと油断して使用していたら、指先がカサカサになりました。直接触れる場合はゴム手袋をして使用した方が良さそうです。

使用できない素材がある

アルカリ性に反応して腐食するアルミニウムや銅製の金属類や、液体が浸み込みやすい皮革製品、白木・桐材などは使用できません。アルカリ電解水がアルカリ性であることに留意して使用してください。

素材さえ気をつければマルチに使える優れもの

キッチンまわりの油汚れのみならず、フローリングや子どものおもちゃ類、リモコンなど、あらゆる身の回りの気になる皮脂汚れのお掃除に使用できます。2度拭き要らずなので、手軽にお掃除ができますね。1本持っておくと便利だと思います。

無印良品の「アルカリ電解水クリーナー」は、約400mlで490円(消費税込)。新タイプの商品は逆さ噴射可能トリガーも付いて、逆さでもスプレーができるようになっています。加えて、ボトルが半透明になったので、内容量がわかりやすくなりました。(筆者所有のものは旧タイプの商品になります。個人的には真っ白なボトルデザインがスタイリッシュで好みでしたが、逆噴射可能トリガーはあった方が間違いなく便利です。)
また、アルカリ電解水クリーナーの詰替え用 (約350ml)もあって、消費税込290円でエコなのも嬉しいですね。

まとめ

無印良品の「アルカリ電解水クリーナー」のおすすめポイントは、やはりボトルデザインの良さです。アルカリ電解水としての働きはもちろんのことながら、どこに置いておいてもキレイに収まるボトルデザインはさすが無印良品だと思います。

ちなみに、シンク下に収納する場合におすすめしたいのが、無印良品のポリプロピレンファイルボックスA4タイプに入れると高さがちょうど約24cmでぴったり入ります。無印良品の他の洗剤も買い揃えて入れたくなりますね。

無印良品の「アルカリ電解水クリーナー」で毎日のこまめなお掃除習慣がつきそうです。ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です