コスパ最強の人気商品!無印良品「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」を使ってみた!

無印良品 ポリプロピレン頑丈ボックス

整理収納のための商品を数多く揃える無印良品ですが、室内向けの収納用品以外に、屋外でも使用できる頑丈な収納用品、その名もズバリ「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」という商品があるのをご存知でしょうか?

こちらの商品、発売当初から取り寄せ必須の人気商品で、店頭で実物を見ることが少ないかもしれません。

無印良品 ポリプロピレン頑丈ボックス

無印良品「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」について

「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」は、ベランダや軒下などの屋外でも使用できる収納ボックスです。

フタをしたまま腰掛けられるくらい頑丈な作りになっていて、収納ボックスでありながら、チェアー代わりにも使用できます。
もちろん、屋外へ持ち出して使うことを想定しているので、運びやすい持ち手付きで、積み重ねも3段まで可能です。

無印良品 ポリプロピレン頑丈ボックス

大きさは3種類のサイズがあります。

サイズ 寸法
約幅40.5×奥行39×高さ37cm
約幅60.5×奥行39×高さ37cm
特大 約幅78×奥行39×高さ37cm

無印良品「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」のここがスゴい!

  1. 使い方が豊富
  2. 価格が安い
  3. 商品名通り「頑丈」です
  4. シンプルなデザインだからカスタマイズできる

我が家では、「ポリプロピレン頑丈収納ボックス・大」サイズを2個購入しました。

我が家の使用用途は、子どものおもちゃ入れ。家中に溢れかえるおもちゃ類を簡単に片付ける方法を模索した結果、無印の頑丈収納ボックスにまとめてしまいこむという方法になりました。
おもちゃを頑丈収納ボックスに入れるだけなので、子どもでも簡単にお片づけができるのがポイントです。子どもが乱暴に扱っても割れる心配のない丈夫な素材という点もポイントです。

また、飾り気のないシンプルなデザインなので、部屋の中に置いても圧迫感がなく、インテリアに溶け込んでくれます。
そして、何より、「頑丈」=「長く使える」ので、子どものおもちゃ箱を卒業した後も、色々な活用方法があるのが購入の決め手になりました。

無印良品 ポリプロピレン頑丈ボックス

無印良品 ポリプロピレン頑丈ボックス

使い方が豊富

活用例をご紹介したいと思います。

キャンプ用品の収納

昨今「第二次キャンプブーム」と言われるほど、キャンプが人気ですが、キャンプ用品の収納におすすめのアイテムです。

  • 持ち手がしっかり付いていて持ち運びがしやすい
  • 簡易な腰かけとしても使える
  • 家でもそのまま収納するだけでOKなので、片付けの手間いらず
  • 屋外使用可能で、雨の時も安心して使用できる

キャンプの準備や後片付けの手間が軽減されそうです。細々としたキャンプ用品を頑丈収納ボックスにひとまとめにしておくだけで、キャンプが一層楽しくなりそうですね。

防災グッズの収納

防災グッズの収納におすすめなのは「ポリプロピレン頑丈収納ボックス・小」サイズです。

災害時に備えて、ミネラルフォーターや非常食をストックしている家庭も多いかと思います。「ポリプロピレン頑丈収納ボックス・小」サイズは、いざという時に、女性でも持ち運びがしやすいので特におすすめです。

「ポリプロピレン頑丈収納ボックス・小」サイズは、2リットルのペットボトルをちょうど9本入れることができます。「飲料」「食品」「救急・衛生用品」など、用品ごとに分けておくことで、定期的に中身を見直すこともできて良いですね。

とにかくかさばる物を収納

ガーデニング用品や、掃除道具、洗濯干しグッズなど、細々とした物を一括で収納するのに向いています。

道具をひとまとめに収納しておくことで、作業効率も上がるのではないでしょうか。

価格が安い

これだけ頑丈な作りだと、お値段も結構するのではないかと思われるのですが、意外に、安いです。

「ポリプロピレン頑丈収納ボックス・小 」は消費税込1,290円。
「ポリプロピレン頑丈収納ボックス・大」は消費税込1,790円。
「ポリプロピレン頑丈収納ボックス・特大 」は消費税込2,590円。

いかがですか?頑丈な品質と無印良品の高いデザイン性の割には、お手頃価格なのではないでしょうか。コスパは最強だと思います。

商品名通り「頑丈」です

無印良品 ポリプロピレン頑丈ボックス

フタの裏側は格子状になっており、上からの力がかかっても大丈夫な作りになっています。フタの耐荷重は約100キロです。かなりしっかりとした作りです。

シンプルなデザインだからカスタマイズできる

無印良品らしく、デザインはシンプルです。ホワイトグレー一色の収納ボックス。
中身が見えないタイプの収納ボックスなので、中身の目印にステッカーなどで自分好みにカスタマイズするのもおすすめです。

デメリット

個人的には、デメリットはありませんが、強いて言うなら、細々とした物を整理して入れるための、「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」用の仕切りボックスor仕切り板があると便利だなと思いました。

最後に

いかかでしたか?室内でも屋外でも、使用用途に合わせて、いろんな活用ができる無印良品の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」。在庫がある時は要チェックのアイテムです。

無印良品 ポリプロピレン頑丈収納ボックス・大 約50L
(LOHACOの商品ページへ飛びます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です