【注意‼】WordPressに引っ越ししました、改正が間に合っていない記事があります。

「何キロ増えた?」マイプロテインのウエイトゲイナーを使ってみたので、実際の効果や味をレビューする

現在増量のためにトレーニングを頑張っている管理人のものですが、ここにきてやっと効果が見え始めたというか、良い感じに体重も増え始めました。

今回の増量のために使ったマイプロテインのウエイトゲイナー(増量用プロテイン)が非常に良かったので紹介します。

マイプロテインのウエイトゲイナーの効果

まずはワタクシの体重についてです。

私は、身長170㎝、体重55㎏のやせ型でしたが、マイプロテインのウエイトゲイナー(チョコレートスムーズ)の5㎏パックを使い切るごろには。

 

身長170㎝だったのが → 170㎝!!!

、、て、、、あれ?

 

あ、体重の方でしたね、、、。(;’∀’)

(まじ余計)

 

で、体重が。

55㎏ → 59㎏!!

 

約4キロの増量に成功しました!!!

 

厳密には後3回分くらい残っていますが、2か月半くらいで4キロは中々いい滑り出しではないでしょうか?

はじめのうちは体重が増えやすい(体に蓄積されやすい)ともいわれるので、続けてみないことにはまだわかりませんが、今のところはいい感じです。

トレーニングの頻度は?

週2か週3で30分程度を使い高負荷の自重トレをしています。

トレーニング後に牛乳に混ぜて飲んでいましたが、しっかりと食事がとれていない場合はトレーニング前1時間くらいで飲んでおくのもいいかもしれません。

カロリーが高いのでカタボリック防止にもつながると思います。

 

いずれにしても、きちんと栄養補給したうえでトレーニングするというところはいつも気がけておいたつもりです。

それ以外にも、1日を通して摂取カロリーが少なかった時などには、トレーニングをしなくても飲むこともあります。

1食あたり388calですが、牛乳で割れば600cal弱は摂取できるからです。

ウエイトゲイナーの味について

私が使ったのは、チョコレートスムーズです。

注意してほしいのは、同じチョコレートスムーズでも普通のプロテインとウエイトゲイナーでは味が違うということです。

マイプロテインが出している普通のプロテインのチョコレートスムーズは定評がありますが、ウエイトゲイナーの場合は、甘すぎるとか、粉っぽいという意見が多い気がします。

 

私なりの意見としては、

ウエイトゲイナーの中ではマシ

といったところでしょう。

 

マイプロ以外のウエイトゲイナーもいくつか試していますが、やはり一番おいしく飲めるのはマイプロテインです。

 

特に海外製のウエイトゲイナーは、カロリーが高い分味がひどく飲めたものではありません。そのため少し少なめに入れて使ったりすることがほとんどです。

 

ウエイトゲイナーというよりは、

ウエッとゲロなー

です。(冗談抜きで。汗)

 

牛乳で割る場合

どうしても牛乳で割るとどろどろ感が増しますし、溶けにくい、味が濃すぎるなどの問題は出てきますが、それを考慮してもなかなか頑張っているのではないかと思います。

1つ問題を挙げるとすると、チョコレートスムーズの場合は、味がどちらかと言えば「きな粉」に感じてしまいます。

ウエイトゲイナー自体が粉っぽくなってしまうので、それも関係しているのかもしれませんが、個人的には「きな粉スムーズ」でした。(笑)

水で割る場合

水で割るととても飲みやすいです。

味も丁度良く感じますし、どろどろ感も軽減されます。カロリーをしっかりとりたいならやはり牛乳で割るのが一番だと思いますが、無理して飲むくらいなら水でいいと思います。

その他の味

マイプロテインは維持が豊富にあります。

普通のウエイトゲイナーブレンドだと、チョコレートスムーズ、ストロベリー、バニラ、ノンフレーバーがありますが、エキストリームゲイナーブレンド(ちょっと高いけど)だともっと種類があります。

気になる人はそちらの方もチェックしてみるといいと思います。

 

次はストロベリー買います。

最後に

味の好き嫌いはともあれコスパ最強、効果最強のマイプロテインは本当にお勧めです。

公式サイトではキャンペーンなどをしょっちゅうやっているので安く変える可能性は高いですが、届くのが遅いという人もいるので私はAmazonを使ってます。

マイプロテイン・Impact ウェイトゲイナー (チョコレートスムース, 5kg)

 

ただ、Amazonでは取り扱われていない商品も多いですので、その時は公式サイトからの方が良いかもしれません。

Myprotein[マイプロテイン]ウエイトゲイナーブレンド

 

それでは皆さんトレーニング頑張ってください。

ではまた。