【注意‼】WordPressに引っ越ししました、改正が間に合っていない記事があります。

尾西食品の「アルファ米」はなぜおすすめ?実食レビュー有、失敗しない非常食選び

尾西食品、アルファ米

尾西食品のアルファ米

非常食で人気のアルファ米商品のなかに尾西食品が出している「アルファ米」があります。

このアルファ米は、お米を炊いた状態で乾燥させたもので、お湯や水で戻して食べることができます。

特に尾西食品のアルファ米は長期保存でき美味しいと好評価ですので、非常食選びで悩んでいる人の参考になるよう、実食レビューも含めて紹介していきたいと思います。

ではさっそく。

賞味期限・消費期限

尾西食品の「アルファ米」の場合、保存期間は5年間です。

これは賞味期限ですので、少なくとも5年間は安心して食べられると考えてください。

実際のところ、賞味期限を更に5年過ぎても普通に食べられる意見もありますので、自己責任とはいえあまりシビアに考えなくても良いかもしれません。(もちろん保存方法にもよりますが)

ちなみに私は賞味期限から2年過ぎた物を食べていますが特に問題はありませんでした。

カロリー

商品の種類によって変わりますが、大体一食あたり360kcal~380kcalです。(内容量は100g)

カンパンの100gの缶の場合、一緒に封入されている氷砂糖を含めて408kcal、カンパン自体は90gで369kcaldすので、若干カロリーではアルファ米の方が劣ります。

まあ、あのパサパサしたパンを食べるより、よっぽとお米を食べたほうが満足感があると思いますけどね。汗

ちなみに容積で比較すると、アルファ米の方が場所を取らずかさばりません。

尾西食品 アルファ米

種類とアレルギー

ごはんシリーズは全15種類で、以下のラインナップになっています。

白飯、五目ごはん、わかめごはん、田舎ごはん、松茸ごはん、たけのこごはん、赤飯、山菜おこわ、白がゆ、梅がゆ、塩こんぶがゆ、ドライカレー、チキンライス、えびピラフ

このうちアレルギー物質不使用商品が以下です。

白飯、わかめごはん、田舎ごはん、赤飯、山菜おこわ、白がゆ、梅がゆ、たけのこごはん、梅こんぶがゆ

アレルギー物質が含まれているものには裏に記載があります。

アルファ米の栄養

種類によって多少は変わります。

白飯 五目ごはん ドライカレー
熱量 366kcal 377kcal 361kcal
たんぱく質 6.3g 6.9g 7.4g
脂 質 1.1g 3.8g 1.8g
炭水化物 82.7g 78.7g 78.8g
食塩相当量 0.01g 1.8g 2.5g

3つしか載せていませんが大体こんな感じです。

アルファ米の値段

一食あたりが¥350前後になります。

商品によって値段が変わりますが、5食で¥1,800、10食で¥3,200~4,000。

12食セットで大体¥4,300~¥4,600くらいです。

Amazonだと結構安売りされていますのでこまめにチェックしておくといいと思います。

5食セット▶尾西食品 アルファ米 白飯100g×5食

12食セット▶尾西食品 アルファ米12種類全部セット(非常食 5年保存 各味1食×12種類)

25食セット▶【5年長期保存】アルファ米人気ベスト5 25袋セット(わかめごはん・えびピラフ・五目ごはん・白飯・ドライカレー 各5袋)

ネットショップ以外だと、東急ハンズなどで売られているのを見たことがあります。

アルファ米実食レビュー

お待たせしました、ここからは実食レビューを書いていきたいと思います。

食べてみたのは、五目ごはん、梅がゆ、わかめごはんです。

個人的1位は、、、

尾西食品、アルファ米

五目ごはん!

総菜で置いてあるような五目ごはんと何ら遜色ありません。私が食べたものは賞味期限が既に切れていましたがとても美味しく食べることができました。

お湯を入れる前は臭いがお米という感じではなかったのですが、時間がたって開けてみると普通の五目ごはんになってくれます。

わかめごはんも食べてみましたが、五目ごはん同様に想像通りのわかめご飯の味で安心しました。わかめご飯に関しては値段も他と比べて安かったと思いますのでそこら辺もおすすめできます。

ちなみに、両方美味しかったのになぜ五目ごはんが一位なのかというと、、、、

僕が五目ごはんが好きだからです。(結局好みかい)

水で戻してみた

最後に梅がゆを食べてみましたが、今回は水で戻してみました。

尾西食品のアルファ米はお湯でも水でも戻すことができます。実際の避難場所でお湯が手に入らないことも多々あると思いますので知っておくと便利です。

お湯の場合は約15分ですが、水で戻す場合は60分かかります。

感想としては、、、、

飽きるかな。

という感じ。決して不味くはないですが、やはりお湯で戻してないということもあって、冷たいまま口に運んでもそこまでおいしくは感じませんでした。

こちらも賞味期限が切れていましたし、お湯で戻しておけばいくらか感想も違ってきたのかもしれませんが、ちょっと残念。

また別の味でも試してみたいところです。

失敗しない非常食選び

ここでは、尾西食品の「アルファ米」を紹介しました。

最後に、非常食を選ぶときに重要なポイントをまとめておきましたので参考にしてもらえると嬉しいです。

  • 保存期間が長いか
  • 水でも戻せるか
  • 十分な栄養が取れるか
  • かさばらないか
  • カロリーは十分か
  • スプーンの有無

最低限これらをクリアしておけば失敗はしないでしょう。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です