明治R-1の健康効果は本当か?わかりやすく解説します「風邪、インフルエンザ予防」

強さ引き出す乳酸菌というキャッチコピーで飛ぶように売れているR-1ヨーグルトですが、その健康効果は本物なのでしょうか?

今回は論文を基に明示R-1の健康効果について誰でもわかりやすいように解説していきます。

そしてもし健康効果が証明できない場合は、

風邪をひきだす乳酸菌に改名していただこうと思います。(やかましい)

これから飲み始めようか迷っている人の参考になればと思います。

明治R-1ヨーグルトの健康効果は本当か

R-1は風邪に効果があるか

まず一つ目に気になるのが、風の罹患率の低下です。

明治のサイトでは以下の研究結果が載せられています。日本語です。
乳酸菌1073R-1株試験結果(1)

結論から言うと、証拠不十分です。(別に明治は「R-1食べたら風邪ひきにくくなりますよ」なんて一言も言ってませんから悪く言っているワケではありません。笑)

理由としては、

  1. 被験者の年齢が高すぎる
  2. 調べているのは罹患率ではなく体調や免疫の変化
  3. R-1との比較が普通のヨーグルトではなくまさかの牛乳

被験者の人数的には十分だと思いますが。最低でも60歳以上と年齢層が高すぎます。加齢に伴い低下する免疫細胞が活性化されたということですが、悪く言うと、若い人ならかわらないんじゃ?ということにもなりえます。

また、罹患率の低下が認められた。とありますが、免疫の向上が認められた(から罹患リスクは当然下がるよね)という説明です。

またなぜR-1との比較が牛乳なのか謎です。それだと単純にヨーグルト食べたから免疫力付いたんじゃないの?と言われても仕方ないでしょう。(これまでたくさん論文見てきましたがさすがにこれは酷いです。汗)

平均的な年齢な人を対象に、R-1とR-1ではないヨーグルトで比較し免疫力ではなく罹患率が低下したかどうかを調べる研究をしてくれればはっきりしますが、なぜこんな限定的な結果を載せているのかは微妙なところです。

したけどいい結果が出なかったのかも、、、なんて不安になります。

R-1はインフルエンザに効果があるか

次はホントにインフルかかりにくくなる?という疑問です。

明治のサイトでは以下の研究結果が載せられています。
乳酸菌1073R-1株試験結果(5)

印象は先程と同じで微妙です。

  1. 年齢が高すぎる
  2. ワクチンを受けた人を対象としている
  3. 調べているのは罹患率ではなく体調や免疫の変化

年齢が高すぎる。のはさっきと一緒です。この時点で普通の人には効果があるのか心配になります。

また、論文の中ではサラッとしか触れられていませんが、これはワクチンを受けた人を対象としている研究です。

別の論文でもそうなのですが、インフルエンザワクチンの効果を高めることが仮に認められたとしても、ワクチンを受けていない人がインフルエンザにかかりにくくなることの証明にはなりません。

今回の研究に関しては比較対象はちゃんとしていますし(R-1ヨーグルトと普通のヨーグルト)二重盲検対プラセボ(先入観の入らない試験方法)ですので、割ときちんとしています。

重要なのは、

この研究は予防接種を受けた高齢者がR-1を飲むとインフルにかかりにくくなる抗体が増えたよ、という研究であって、平均的な年齢の人が飲むだけでインフルにかかりにくくなるという証明にはならないということです。

結論

正直年齢層を突っ込むべきなのかもしれませんが、風の罹患率に関しては比較対象がまともではないです。

ただ、インフルエンザ予防に関しては、インフルエンザワクチンを受けた人なおかつ高齢者であればそのプラスαとしてR-1を飲むのは効果があるかもしれません。

ただ、若いワクチン接種者を対象とした実験では比較対象がひどすぎるので信憑性はほぼ0です。恐らく若い人を対象にしてまともに試験するとあまり効果が見られないのかもしれません。

ただ、私は全ての研究をリサーチしたワケではありませんし、これからさらに信憑性の高い研究が出てくることは十分期待できます。

1ついえるのは、食べて悪いものでは決してない。

ということです。

過大評価には気を付けないといけませんが、別に明治が「インフル予防や風邪予防になりますよ」と明言しているわけでもなく、消費者側が勝手に盛り上がっているだけですのでR-1のことを悪く言っているワケではないというのは理解していただきたいです。

僕飲んでるし。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です